「自分で考える」ことで、仕事を面白く!松澤製作所は加工の技術と人間力を武器に、お客様の製品づくりを全力でサポートする会社です。

平均年齢は30代と若い社員が多く、工場内では仕事中も活気に溢れ、休憩時間や勤務終了後は和気あいあいとした雰囲気があり、女性社員が約半数を占めるのも当社の特徴です。工業関係の知識があまりなくても、半年後にはひとりで製品の加工ができるようになります。

社員一人ひとりの技術力と人間力を伸ばし、部品加工業界の未来を担う会社へ

当社はNC旋盤、マシニングセンターを主力機械として多品種・小ロットの半導体部品・IT機器部品・真空機器部品を製造しています。製品の9割近くは装置部品で、皆さんの生活に欠かせない家電やスマートフォン、自動車などを作る過程で必要となるものです。便利で快適な暮らしの礎となる技術を担っており、社員一同、誇りを胸に働いています。

入社後は、技術職も営業職も一度現場を経験してもらいます。まず1年間は、当社の仕事を覚えて、その後は各職場で翌年の新入社員の指導役になってもらいます。これには2つの意味があり、1つは「加工」について理解すること。製品ができるまでの流れや作業時間、どんなことが難しいのかを知っておくことで、その後の仕事に活かせます。2つ目は全ての仕事の基本を学ぶこと。頭の中で情報を整理し、作業をするための計画を立てるなど、どんな仕事にも通じる基礎が現場にはあります。最初の3カ月程度は先輩社員の補助的な作業が中心となりますが、徐々に自らプログラムを組めるようになり、仕事も任されるようになっていきます。

当社では社員教育や研修にも力を入れ、特に技術力と人間力を重視しています。技術力は、外部講習や社内勉強会もありますが、多品種少量ということもあり、現場でも直に製品に触れながら学んでいきます。先輩社員に教えてもらったり、不具合があったときの対処法を聞いたりする中で、座学で得た知識を活かし、「真の学び」につなげていきます。人間力に関しては、気付く力を大事にしています。部品加工は、お客様からいただいた図面をもとにして行いますが、ただ図面通りに作ればいいというわけではありません。製品がどのように使われるのか、次の段階を見据え、図面からお客様の意図をくみ取り、組み立てやすい加工をすることが求められます。気付く力は仕事の中だけではなく、朝礼や勉強会など、考える機会を多く設けるようにしています。

社員同士の仲が良いのも当社の特徴の一つです。平均年齢も若く、お客様からはよく「活気がある」と言われます。加工作業で勝負している会社ですが、業界全体を盛り上げていきたいという強い思いがあります。今後は、部品加工業界全体を元気にするような発信をしていきたいと考えています。

0261-62-4541