思い出深い製品

みなさんこんにちは、ブログ担当の田上です。

今回は私にとって少し思い出深い製品の紹介をしたいと思います。

P1050118

左がNC旋盤から回ってきた状態、右がマシニングセンターで加工した後の物です。

私が現場に入ったばかりの頃、この製品の図面を先輩から渡されてプログラムを自分で作ってみたところ、その内容のほとんどが間違っていたことや、初めて治具という物を使って加工したこと、第一工程も第二工程も一つの機械で加工していたため時間が掛かったこと、製品1個の値段、加工後の形状の変わり様など、当時の私にとっては初めての事が多く、とても印象に残っている製品です。

あれから半年以上が経ちました、今では一人でプログラムを作り、一工程目と二工程目を二つの機械で分けて同時に加工しています。まだ交差出しなど上手くいかない所もありますがあの頃と比べたら随分変わったと強く実感しました。年の終わりがすぐそこに迫っているこの時期に再びこの製品がやってきたことはとても運命的なものを感じました。

 

 

関連するページを見る» スタッフブログ
0261-62-4541